So-net無料ブログ作成
検索選択

あんた、そりゃないでしょ! [ニュース]



オーストラリアで、バスに乗り合わせたフランス人女性客が、母国語で歌を歌ったら、乗客の男に暴言を吐かれた、というニュース

★記事ではほかの乗客は女性客を誰も助けず知らんぷりをしていた、とや。ただ、同じバスに乗り合わせたコメディアンが、この様子を撮影YouTubeにUpしたところ、結構たいへんな反響をよんだらしい。

★「英語を言わないなら死ね」なんて、あんた、そりゃないでしょ!

★自分たち日本人の立場で言えば、たとえば、韓国人や中国人のお客が、観光バスの車内で、それぞれ母国語で歌を口ずさんだときに、同じ車内に乗り合わせたならず者が「日本語で歌わないなら、死ね!この三等国民が」というのとまるきりおんなじ。

★どこの国の言葉で話そうが、歌おうが、いいじゃないですか。音楽だと思って聞けば。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

例の「島」はなかったことがわかった(´ 0`); [ニュース]



googleが、「ある」といっていた、例の島は「ない」ということが分かったというニュース


★地質学者らの調査で判明とや。


★これからは、事前にちゃんと実地調査しないとね。
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

クラスメイト間の友情などというものは、このクニの学校現場では過去のものに成り果てたのか。 [独白]

★滋賀県は大津で、一人の中学生が自殺した事件。一見、仲良し同士にみえる友達の集まりに、少年は加わっていた。しかし、あるときから仲間たちは、少年に親の金を引き出させたり、殴る、蹴るの暴力を加えたり、自殺直前には、その自殺の練習をさせられていた。おかげで少年は心身を限りなく衰弱させ、結局、飛び降り自殺した。

★実はその仲間は、最初から少年をこの世から、抹殺する計画を立てていたのではないのか。それが成功したので、少年がこの世から永遠に姿を消した後も、彼の顔写真に鉛筆か何かで穴をあけたりして、一向に反省のそぶりも見せていない。

★こいつらは最早、少年を仲間に引き入れた時点で、人間としてもつべき「思いやり」や、自律を放棄していたのだろう。あるいは、偏差値教育の弊害により、そういう感情や自律が育たないまま、中学生になってしまったのかもしれない。

★大津市教委も、学校側も、本人や周りの生徒たちがSOSを発していたのにもかかわらず、“頬かむり”を決めこみ、この件に対する責任を負うことから逃避した。自分たちにとってこの件は、非常に“都合の悪い”出来事だからだ。若しこの件に真相解明とか称して、首を突っ込めば、マスコミに叩かれ、自分たちの出世街道が塞がれてしまう…だから、この際、知らぬふりしといて、ないことにしておけば…という思惑が、彼らの中で働いたのだ。

★警察も刑事事件と立件できないから、死んだ子の親が被害届けだか捜索届けなんかを出しても、受理されず、結果として放置した。

★この事件における最大の被害者、それは、自殺した中学生とその両親、親戚縁者であることだろう。市教委や学校側、警察の態度に今、一番憤りを感じ、その感情はやがて怨念に変わり、その怨念は子供を大切にしているようで、実はおのれの立身出世しか考えていない、日本の教育行政、ひいては文科省そのものにむけられていくことだろう。

★偏差値、新卒一括採用制度、「金儲けのできる企業につかせる為」だけの教育目的…これら子供の「本当の人間的成長」にとって無駄無用以外の何者でもない「諸々のこと」で成り立っている、日本の教育システム

★このさい、教科書検定廃止のみならず、全面的にいまあるこのシステム自体、解体若しくはオーヴァーホールしなければ、大津の自殺した中学生と彼をリンチして自殺に追い込んだサディスト野郎たちのような、この教育システムによる“犠牲者”たちは、増えこそすれ、決して減ることはなく、日本の未来はブラックホールのように底なしで暗黒そのものになることであろう。

★また、彼らがこのままなにもしないで、今のシステムの維持に汲々としていれば、何れ後世の歴史に、日本は謝った教育によって徐々に衰亡し、いまや世界地図からその存在を永遠に消した、と記されることであろう。

★文科省よ、いまこそこの事件の責任を、教育行政トップとして、本気になってとるべきだ。そうしなければ、汝等の組織は、全面的な解体を余儀なくされるであろうよ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

2012-04-07 [独白]

★政界のゴタゴタが続く中、連立与党を組む国民新党の四分五裂が報じられる。亀井静香と幹事長・亀井亜紀子が事実上罷免され、あとの6人が連立に残るという…だいたいこういうことなのだろう。その中で大飯原発の再稼動問題に早くもメドがつき、消費税法案も何とか決まると言う…

★復興や社会保障の問題など、肝心なことは二の次三の次で、つまらない「政局」がらみでバタバタしているうちに、我々の意を汲まない法案が何時の間にか決まってしまう。

★そのうえ、庶民の苦しみを他所に、地方政党を率いるリーダーたちが、なにやら『政界再編』とかなんとかいうトレンドに乗っかってか、ゴソゴソ動き始めている。

★一体、国民の嘆きや苦しみを聞かないで、何故これだけ、政治屋たちが動くのか?長年分からなかったが、よく考えると、やはりそうか…なる結論に達した。

★つまりみんな、与党も地方政党も、とどのつまり、「票目当て」で動いている、というわけだ。


★原発反対、とか、消費税反対、とかいうと国民に受けがよく、よって選挙のときの票も沢山集めやすいから、国民の受けのいいことを言って、票集めの為に動くのだ。原発とか復興とか言うのは、そういう自分たちのセコイ目的をカムフラージュするための、都合よき「口実」なのだ。

★本当に国難ととらえ、国民の為に動く政党ならば、原発や復興を、自分たちの本当の目的を隠す為に使わない。あくまでも、原発セーブなら、原発セーブを、復興なら復興に取り組み、国民の為に本当に動くものだ。


★そしてそれは、ホトンドいないか、いても一つしかない。それはおそらくは、むかしから「宗教政党」と後ろ指を指されつづけた、あの政党だろうと思われる。
nice!(0)  トラックバック(0) 

2012-01-16 [独白]

@今日、東京・昭島で、会社員男性(49)がベッドの上で血まみれになって死んでいるのを、男性の同僚が発見し、警察に通報されたとの速報ニュースが…。

@それによると、男性は全裸で死んでいて、前身に複数の刺し傷があったという。が、それから先の説明に、なんともねっとりとしたものが心に張り付いたような、気持ちの悪さを感じた。

@なんと、この死者は“あるべきところ”を切り取られ、それをベッドの下に捨てられたのである。裸にされてメッタ刺しにされた上にアレまで切り落とされるとは…。こりゃ犯人は女だな。と思うと同時に、自分の頭の中から、今から76年前に起こった、よく似た事件が思い起こされた。世に言う「阿部定事件」である。

@昭和11年(1936)、阿部定という女性が、愛人を殺害し、その局部を切り取り、自分の懐に隠し持っていった、という、当時「猟奇事件」として大きなニュースになった事件だ。阿部定はその後、旅回りの女優旅館の仲居など、いろんな職を転々としたあと、昭和も終わりに近づいたある日、ひっそりと死んだ。

@阿部定事件とこの事件が違うのは、上に書いたように、遺体から切り取った局部を犯人が持ち帰らなかったことくらいだ。…それにしても、つくづく思うのは、女というのは男のせいでトコトン頭に来ると、仮令恋人だろうが誰だろうが、凄惨なやり方で相手を抹殺せんとするものなのだなぁ、ということだ。

@猟奇的なことをやってまで、思いをとげんとするのだからいやはや恐ろしいというしかあるまい。しかし、それというのも男性側が自分でも意図しないうちに、女性を圧制してきたから、往々にしてそういう事件が起こるのだ。

@男性諸兄にはくれぐれも、自分の配偶者や恋人を何よりも大切にし、そのうえで、きちんとはっきりと、心から愛しているというメッセージを相手に向かって発したほうがいい。

@今回の事件や阿部定のように、メッタ刺しや絞め殺されりした挙句、あるべきところを切り取られ、もっていかれたり、ベッドの下に捨てて置かれたりする場合、大抵は男が女を、性的欲求不満解消の為の、自分だけの玩具にしているのが一番の原因かもしれない。女も人間だから、玩具にされてばかりだと今度みたいに凄惨な復讐をされるかもよ…桑原桑原…。厳重注意、注意(逆もまた真なり)。


@よく電車なんかに乗っていたリ、街を歩いていたりすると、2~3歳ぐらいの子をベビーカーに乗せて歩いている親御さんを見かけることがある。中には子供がかなり大きくなってもベビーカーに乗せている親もいる。大きくなっても障碍があって、それでベビーカーに乗せているならわかるけれど、明らかに障碍がなく、健全なフツーの子供を乗せているんだったら問題だ。

@そういう親は、子供の要求ばかり受け入れ、甘やかしている類の親のように、私には思えてならない。

@子供がもう2歳か3歳くらいになったら、のべつにベビーカーに乗せたりしないで、地面を歩かせてあげて欲しい。仮令、子供が乗りたいといって泣いても、「大きくなったら歩けなくなるよ。それでもイイのかな~」といいつつ、ベビーカーには極力乗せないほうがいい。その代わり、親が子の手をしっかりと握って、一緒に歩いてあげることが大事だ。

@親子でしっかり大地を踏みしめて歩く。それだけでも、親子同士のコミュニケーションがとれるというもんだ。

@電車に乗っていて、ベビーカーに乗せている小さい子供がピーピー泣き出すのは、まぁ子供だからしょうがないといえるが、傍で聞いているとこの上なく五月蝿いものだ。

@まだ年端もいかない小さい子供は、飽きたり、自分の要求が通らなかったりすると、当たり構わず泣き喚く。この間など、斜め向こう側の座席に乗っていた親が、子供が“ぎゃらすかぎゃらすか”という感じで激しく泣き喚いているのを一所懸命あやすのだが、自分の要求が通らないことに腹を立てたのか、さらに大声で狂ったように泣き喚く。

@こうなると、自分としては非常に耐えがたい。ので、「うるせんだよ!ガキぐらい黙らせられないのか」という思いが
灼熱のマグマのようにむくむく湧きあがってきた。泣き喚き続ける小さな怪物を、仮令電車を降りてでも黙らせるのが親としての責務ではなかろうか。泣き喚く子供を黙らせたかったら、途中下車することをお薦めする。


@人間というのは何をやっても変われないものなのかねぇ。相変わらず核に執着している権力者。原発事故のその後の災禍に苦しめられる人々の気持ちがいまいち分かっていない為政者や電力会社。自己の権力維持に躍起になり、反対する市民を殺す独裁者。…こんなのが今世紀になってもまだいるっつうんだから、人間圏の構成員たる「人間」を変えるというのは難事中の難事だ。

@でも、それでも「変わることは大事だ」「いい方向に変われるんだ」という執念にも似た、強い信念を持っていれば、変わらないことは決してない。また、そういう奴だけがおのれを変えられる、と確信している。自己変革はそのぐらい強い信念がないと、絶対になしえないことなのだ。

@人間なんてかわらねぇ、と言って自己変革を諦める奴に、物事は愚か、自分自身を変えることなど不可能なのだから。「人間、諦めが肝心」なんてほざいている間は、世界と自分は変えられないよ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

乾いた寒風と澄み切りすぎる青空。 [独白]

★ここんとこ、ほんとうにお湿りのない日々が続いている。毎日、吹きっさらしの乾いた寒風が吹き、悲しいほどに澄み切りすぎた青空が、我々を冬の乾燥と冷えで苦しめている。

★冬が厳しくなればなるほど、春がすぐそこに来ている。そう思うなら、ここ数日の渇きと寒さに耐えがたいと思うことは少なくなるが、しかし…こう毎日お湿りがなく、その上空っ風と澄み切りすぎの青空の日々が続くと、何かするにも億劫になりがちだ。


チベットで元僧侶の12人が、焼身自殺を図ったと小耳にはさんだ。やはり中国本土当局による様々な圧力への抗議ゆえなのだろうか。油をかけて身を焼く以外に何か方法はなかったのだろうか。何とも悲しいニュースだ。


★金正恩体制に突入した北朝鮮。多くの国民の間からは「小さなガキ」呼ばわりされているとおり、この正恩の面構えを見ていると、如何もオヤジよりも出来が悪そうに見えて仕方がない。こんなんで果たして、軍の掌握は無論のこと、国民の真の信頼は得られるのか。かえってむしろ、軍に利用されるんじゃないのか。

★彼らにより、ある意味、正恩は北朝鮮という、軍事以外に恃むものがない貧窮国家を「強力で盛んな国家」に見せかけて宣伝する為の「ロボット」に、既になりつつあるのではなかろうか。


★世界の激動にウェブを用いて、下克上で向き合う気力のないわれらの国の若者だが、日本を変えたい、という気持ちが彼らの中で強まっていることが、ある調査で明らかになった。震災以後、彼らの中で人の為、社会の為に尽くしたいという気持ちが現われてきたと、調査を行った会社は分析している。これを見て思うに、ゆくゆくは日本は世界平和の為にいろんな形で尽くす国家として、21世紀を生き延びようとしているのかもしれない。

★今のこの島国世界の若者が、そのように思っているのなら、「イマドキの若者は覇気がねぇ」とか「もっと外へ打って出ろ」などと言う事はない。我々年長者が、彼等の為の、いろんなジャンルでの「受け皿」を用意するほうがよい。

★その中で、外へ打って出たい奴が出てくるかもしれないし、国内に留まって、この社会を良い方向へシフトさせるべく、あらゆる努力を惜しまぬ奴も増えることだろう。いずれにせよ、この島国世界は変わらなければならない。世界へ更なる貢献が出来る良い国へ。

★その際邪魔になるのが、「日本だけサイコーで韓国や中国は屑」(趣意)というような考えを口にする、おもにネットで蠢く「国粋派」の連中。有楽町駅前やお台場で“韓流くたばれ”デモを遂行したのはこの「国粋派」の考えに染まってしまった人々だった。

★「国粋主義」はある種、「ナチズム」「ファシズム」と底で繋がっている、一種の排外主義だ。今は集会結社の自由が憲法で保障されているから、許可さえ得ればそんな主義の人間たちがデモをやろうとやるまいと、いっこうにおかまいなしなのだが、如何もこの「国粋主義」の蠢きが、日本の未来の、歩むべき道程を誤らせはしないかと、多少ながらも危惧している。

★「みんな違ってみんないい」という言葉(金子みすヾ)に象徴される、数多の生命を尊重するという哲学が、我々の精神と意識の通奏低音になければ、こういう「日本は素晴らしい、外国はクソ」という考えは幾らでも蔓延ってくる。国粋主義やナチズムに代表される「排外主義」は結果的に、国土世間と社会を滅ぼしてしまう。それがこれらの主義に染まってしまっている人々には一向に理解できていないようなのだ。

★1918年から1920年代にかけ、第一次世界大戦後の独逸が、経済的にも追い詰められた挙句、ヒトラーのナチ党(NSDAP)に象徴されるナチズムを生み出してしまったように、我が国もバブル崩壊以後、やはり経済的に逼迫した挙句に国粋主義が叫ばれている。

★然し、他の国家もそうなのだが、とりわけ日本は、諸外国のつながりナシには生きていかれない脆弱な国家なのである。国粋主義を吹聴する向きと、それに染まっている人々には、そのことが少しも分かっていないようだ。中国、アメリカ、韓国なしでも生きていける!そう只管、思い込んでいるらしいのだ。

★これでは、明治の文明開化前後の頃に、排外主義をさけんだ連中と何ら変わりがない。

★いったい、如何したら、万物尊重の哲理を、われらが精神の通奏低音とすることが出来るか。それについては、いろいろな人が身体を張って、沢山主張しているのだが…。
nice!(0)  トラックバック(0) 

今年の終わりが刻々と近づく…。 [独白]

@震災を始め、色々な激動があった2011年も、明日でラストとなる。震災は我々この島国の住人一人一人に、それこそ様々な課題を突きつけてきたはずだ。

@絆とは?安全とは?愛とは?命とは?…そうした課題に対して、十分な答えのないままに、日本は崩壊へと向かうやも知れぬ。このまま何もしないでいれば!

@世界も動乱につぐ動乱の日々を送った。ギリシャが破綻しそうになり、緊縮財政を布いた政府に民衆が怒りの抗議の声をあげ、大混乱が起こった。一度は落ち着いたはずの「アラブの春」も、暫定政権を執る軍に対して民衆の反発と不満が大爆発し、タハリール広場などで暴動が起こっている。が、選挙は滞りなく行われた。

@日本でも、震災の復興そっちのけで、与党が仲間内で四分五裂を引き起こし、ややもすると崩壊しかねぬ状況になってきた。あの!小沢一郎に近いといわれる、消費税率アップに反対する9人の議員たちがいっせいに離党を表明し、民主党を抜け出し、新党を立ち上げるものと思われるが…。幾ら新しい政党を立ち上げても、古巣と同じ醜態を晒すのなら、新党立ち上げの意味はなくなる。

@北風がひゅうひゅうと吹く日々が続く。温暖化、温暖化、とよく言うけれど、やはり然るべき季節には全てを凍えさせるほどの力をもつ冬将軍がやって来るものだ。決して温暖なんかじゃないさ。それに今年はエルニーニョだし。


@20世紀が終わり、21世紀もテン(10)年代に入った今日、世界の混沌はいよいよ増すばかり。来年は更なる動乱、混乱、大騒動がおこるやも知れぬ。

@もし、来年限りで地球の歴史が終わるとしても、自分はいつもどおり、淡々と過ごすことであろうよ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

ぼつぼつがたり(4) [独白]

☆もう半年以上もこの「ガラテア」の更新がないままになっていた。ので、とりあえずは今年も押し迫ったことだし、久々に更新することにした。


☆…☆…☆…・・・…☆


☆想定の範囲内になかったといわれる、あの巨大津波を伴い、およそ2万人もの命を奪い、行方知れずにしてしまい、おまけに原発まで破壊し、この国が放射能漬けになるきっかけを作った、未曾有の震災は、私たちの文明の恩恵に浸りすぎてたるみきった、自己中心的な魂を、ある程度刷新するのに充分だった。

☆みんな、周りの人とのつながりを大切にしたいと思うようになり、婚姻率も多少は上がったことだろう。何しろ東北の太平洋沿岸の人々は、あの震災で大切な人や家を失い、精神的にも大きなダメージを負ったのだから。

☆それを観ていた被災していない我々の大多数は、家族と仲間とは何時までも繋がっていたいものだと、強く願うようになった。そして…人のために何かしたいという、利他の芽が我々の中に芽生え始めたのである。

☆この利他の芽が、何時か大樹と育ち、仮令如何なる障碍をかかえた人であっても、またあるいは如何なる肌の色の人であっても、共に差別排斥の悲運を蒙ることなく、“みんな違ってみんないい”の共存共栄の思考様式が出来上がり、どんな人間でも幸せに人らしく生きられる国土に、この腐敗しきった日本を変えていくことだろう。

☆世を見渡せば、韓国野郎は出て行けだの、在日コリアンは失せろだの、排外的な言辞をあからさまに言うバカがいる。それもインターネットという、匿名でも意見を堂々といえる場で、である。そういうやつらこそこの国から出て行くべきであると私は言いたい。外国と繋がっていなければ、日本は生きられないのだ。みんな違ってみんないい、という共生の哲学は、彼らにとってはその本質からして全く理解できない代物であるばかりでなく、それを受け入れたら、おのれのアイデンティティを見失うものなのだろう。

☆とにかく、せこい政治的な理由を持ち出してまで、外国出身者との共存を嫌悪する者たちに、日本の未来について語る資格は毛ほどもないと言わせてもらう。あたかもナチスの如き“純血主義者”は、最早今日において、存在意義を完全に失った、といっていいだろう。

☆クリスマスイヴの今日、有楽町あたりや銀座あたりを歩いていた。有楽町ビックカメラの前で、ビッグイシューを売っていたおじさんを見かけたので、お金を払って購入し、別れ際にひと言、頑張ってね、と声をかけた。おじさんは笑顔を見せてくれた。

☆有楽町から京橋を越え、日本橋を経て新常盤橋のあたりまで来ると、あたりはもう真っ暗けだ。ビルの明かりだけが、わびしくなる心持を支えてくれる。シコシコ歩いているうちに、なんと見覚えのある看板が見えてきた。神田小川町名物(?)「顔のワイシャツ」の、にっこりしている丸坊主のおじさんの大きな看板だ。聞いたところでは「顔のワイシャツ」の創業者だか誰だかの顔がモデルだそうである。

☆このおじさんは創業以来、ずっとあの顔で小川町の一角で笑っているのだと思うと、あの看板が何時までも残っていて欲しいと願わざるを得ない。かつて一世を風靡した音楽集団「たま」の楽曲「まちあわせ」にもこの「顔のワイシャツ」が登場する。もっとも、その中では「神保町、顔のワイシャツのま~えで~…♪」と歌われているが…。おいおい!神保町でなくて小川町だよ、と言いたいところだが、それはそれで、まぁご愛嬌ということで。。。

☆やがて秋葉原に来る。まだまだ明るいが、電気街では老舗の、ラオックスとか石丸電気のビルのネオンが消えている。節電の故か…やはり。

☆とある土産物屋に入る。変な形をした水鉄砲がある。良く観ると男性自身の形をしている。うわあ~、これじゃアダルトグッズじゃないかえ。横にはポヨンポヨンとしたボールがおいてあり、それは女性のおっぱいの形をしていて…。アダルトすぎるよぉ。周りを見ると今流行りのAKB48のメンバーの顔写真や生写真が張ってあったりしている。その下にいかにもアキバ的な「私は神だ」「ショボーン( ´・ω・`)」などの笑えるフレーズや顔文字キャラのグッズがあったりする。

☆秋葉原を後にして、電車の中の人となる。車窓からスカイツリーが点灯するというので、一所懸命車窓の外を見る。ほんのりと白い明かりがツリーに点っている。あの下では寒さに耐えながら、その光を見て聖夜を祝う人々がたくさんいるのだろう。

☆斯くして、12月24日の寒い夜はふけていく・・・。
nice!(0)  トラックバック(0) 

2011-05-08



福島第1原発の重大事故以来、世界各国で反原発の意思を示す市民たちがデモを行い、原子力発電は果たして必要か?という問いかけを、関係者たちに向かって繰り返している。


☆件の原発では、未だにきちんとした収拾が出来てなく、いまになってやっと作業員が事故現場の中に入って作業を始めるというありさま。後になって現われるであろう、作業員の健康被害が心配されている。

☆国の電力の8割を原子力でまかなうフランスでも、最近の世論調査では「原発駄目」、「どちらかと言えば駄目」が6割を占める結果に。

☆日本では、ついに首相・菅直人が「(静岡の)浜岡原発は全面停止するべき」との声明を発表し、浜岡原発を統括する中部電力側がこれについて協議を行ったが、結論は持ち越された、という。浜岡は1号・2号機が既に廃炉となっており、3号機が点検中であった。先日、中部電力は「市民の承諾を得て次第、3号機を再稼動させる」と発表したばかりだった。


☆原発問題についてのデモにせよ、「浜岡を全部停めろ」との首相声明にせよ、何処か感情や自己意思に基づかない考えに流されているような、そんな気がしてならない。

☆それよりも必要なのは、我々大衆に対し、関係各位が「放射性物質や被ばくなどの被害」についての、科学的調査に基づく根拠を元とした、正しいデータと知見を明快に示すことだ。
nice!(0)  トラックバック(0) 

ぼつぼつがたり(3) [独白]

★凡そ4ヶ月ぶりにこの日記を更新する。


★この4ヶ月間、大きな事があった。御周知のように、あの東北関東大震災(東日本大震災ともいう)が起こった。東北から関東北部一帯が、マグニチュード9.0という、スマトラ沖津波大震災とホトンド同じ規模の地震に見舞われ、おまけに、これもスマトラ沖以上の超巨大津波に襲われ、人間、行政機関、文化施設、商業施設など、全てホトンド、海の中に呑み込まれていった…。

★愛する人を失い、思い出をも失い、夥しい瓦礫の山が連なる廃墟と化したふるさとを前に、生き残った人々は呆然とし、悲しみに暮れ、廃墟の中を、失われた全てを探す為に、廃墟の町を彷徨い続けていた…。

★インフラは断たれ、燃料も食糧も底を尽きかけ、場所によっては被災者が餓死寸前に追い込まれたところもあったと聞く。

★生き残った人々は、ある人は高台に逃げて助かり、ある人は廃墟の中から、自衛隊や各機関からの救援隊に救い出されて命を拾った。津波によって破壊され、屋根だけになった家の上で彷徨っていたところを助け出され、その後、無事飼い主と再会出来た犬もいた。

★今日の時点で、被災して亡くなった人、行方不明の人は合わせて28,000人近くになった。日米の捜索隊(米軍と自衛隊の混成チーム)が今、海の上で、また陸上で、一所懸命になって不明者の捜索に当たっているそうだが、津波に攫われ、海に流されて死んでいった人が沢山いるし、全てを見つけ出すのに、非常に厳しい状況が続いている。

★その一方で、少しずつ復興の兆しが見え始めている。インフラも一応は通るようになり、燃料の心配も、温かくなってきたので当分心配しなくて済むようになり、多くの避難所でボチボチ供給されるようにもなってきたので、解消されつつあるようだ。また、仮設住宅も建てられ始め、それまで避難所生活をしていた人々が次々と入居し始めている。

★老朽化しきった福島第1原発。地震と津波による甚大すぎる破壊で水素爆発を起こし、それがきっかけで全てがガタガタになった。事故後、炉心熔融を何とか食い止めようと、ぶっ壊れた1号機や3号機に自衛隊や東京消防庁のレスキューチームが懸命な放水を行い、炉心を冷やしつづけた。

★が、その一方で放射能を含んだ水の、海へのタレ流し等の不始末や、土壌汚染が問題となっている。農家にとって土壌の放射能汚染は、いわゆる“風評被害”の為に、折角作った作物が売れず、ゆえに大きな死活問題となっている。

★原発事故に際しては、福島第1原発を擁する東京電力は、国際社会から情報開示が少ないと言われ、やっと本腰を入れて情報公開をする始末。何れにせよ、「原発安全神話」は完全崩壊した。

★また放射能漏れ&拡散関連について情報公開が中途半端なうえ、情報の共有という点で政府や保安院と連携が取れていなかったゆえに、メディアから激しく叩かれることになった。…聞くところによると、放射線の拡散情報すら、日本国民ばかりか、国際社会にきちんと開示していなかったと言うではないか。

★…以上の一連の出来事を見つめて、わたくしが思うに、『嗚呼、これで、思考から何から、古い日本の全ての様式は、崩壊していくのだな』と。


★いい学校を出て、いい会社へ就職し、ドンドン稼いで出世して、家族全員つつがなく暮らす。これが日本全国共通の「幸せの方程式」だった。しかし、今回の大震災で、これが全く使えなくなった。見方を変えれば、この未曾有の国難が、この一方通行の方程式から、私たちを自由にした、ともいえる。

★賞味期限切れの、幸せの方程式から自由になった私たちは、互いの絆を取り戻した。震災前、オピニオンたちやメディアが「無縁社会」と言う言葉をヒステリックに喧伝していた。本当は違っていた。何処が「無縁社会」なのか。私たちの間の、人と人との「絆」が、震災後、実は健在だったのがハッキリしただけなのかもしれない。


★原発は安全だ、クリーンだ、想定外の事故など起こらぬ、という、東電や官僚が散々我々に吹き込んできた「安全神話」は、上に書いたように完全に崩壊した。世の中、想定外の事故は必ず起こる。完全に安全なものなどないのだ。狂気のように荒れに荒れたる自然の猛威の前には、人間が作った機械の「安全神話」など、たった一瞬で、ボン!と吹っ飛ばされるほど、脆いものなのだ。…今回の震災は、斯かる観念を我々一人一人の頭にしっかりと、刻み付けた筈だ。

★そして、その代償として我々は、放射能の脅威に大なり小なり、晒され続けるのだ。特に、原発の近くに住んでいる人々は、原発が事故を起こせば、何時終わるとも知れない見えない恐怖に、おののき、耐え忍ばねばならなくなるのだ。

★そして、今回被災しなかった我々も、いつ何時、東北と北関東(長野県も)の被災者と同じことになるか、分からないのだ。自然災害は気まぐれに訪れる。忘れた頃、不意に襲い掛かってくる。今こうしているときも、起こるやも知れぬ。我々の気構えと覚悟が、そのときに問われることになるだろう。

★何はともあれ、今度は本当に、長い闘いになるだろう。この長い闘いは、ユーラシア東端の島国が、全く新しい形で再生する為のものである。ならば我々はこれを戦いきって、新しく変容しようではないか。
nice!(1)  トラックバック(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。