So-net無料ブログ作成

秋はすぐそこだ。 [独白]

☆ここの所続いていた不快極まりない残暑も、今日(9月6日)は一段落した感じ。予報では昼間も30℃前後で、この間までの気が狂いそうな酷暑状態からは、幾分か楽になるのかと思っていた。

☆で…朝、午前5時33分ごろに家を出た。爽やかな風が吹き抜け、秋の虫たちが心地よい演奏を草むらの陰から、我々の耳に届けてくれていた。そのうちポツリポツリと雨が降り出した。自宅の最寄駅に着いたときは降りはそれほどでもなかったが、現場に着いたら雨粒が大きくなり、それにつれて雨脚も多少激しくなってきた。

☆しかしそれもつかの間、私が現場に入ってしばらくすると、雨は何時しか止んでいた。だが、不安定な空模様はそのまま続き、洗濯物も干せずじまい。

☆今、私の働いている現場はビルの中。其処は結構冷房が効いていて、何もしないときは過ごしやすいが、仕事で体を動かしまくると、汗がドバッドバッと流れ出す。小一時間も仕事をするとすっかり汗まみれになっている。

☆それでも、お昼休みの時に外に出ると、朝に吹いていたような爽やかな風が吹いていて、汗も乾いていく。その時思うこと。「秋はすぐそこだ」

☆世間は、五輪招致だの、福島第一原発での汚染水漏れの問題だの、シリアの化学兵器使用問題でアメリカが武力行使するのしないの、と何かと喧(かまびす)しいのだが、此処私のいる現場だけは、そこから遮断されたように、喧騒の圏外にあった。

☆世間の騒ぎなど、如何でもいい。ただ、自分のするべき仕事に邁進するのだ、との思いを秘め、今日も自分は
モップの柄を握る。
nice!(0)  トラックバック(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。