So-net無料ブログ作成

" 癒し " としてのランナー…設楽兄弟。 [独白]

☆学生長距離界で、一番のアスリートと言えば、現時点では早大・大迫傑(3年)であるが、あらゆる意味で強くて、世界をフォーカスしている彼は、僕にとってはあまりに強すぎるというイメージがあって、そそらない。

☆一番そそるのは、抜ける様な色白で、鉄紺色のユニフォームにその白い肌が映える、双子の兄弟。東洋大学の設楽啓太&悠太。


☆2人とも、学生長距離界で最強&最速を誇るツインズのランナー。強い上に、非常に可愛い。21歳というのに全然擦れてない。端正な目鼻立ち、可愛らしい唇、きゅっと抱きしめたいくらいな細い体。



☆あどけなさを多分に残すその容貌は、箱根での活躍以来、ファンを増やし続けている。フィールドに一度立たせるや、内に秘めたる闘志を燃やし、攻めの走りを展開する。あの細い体の何処に、そんな闘志があるのかと思わせるくらい、力強く凛たる走りは、ファンを魅了するのに十二分である。

☆今般、東洋大学は、無冠に終わった。悔しさに打ち震える選手たちは、負けた翌日から奮い立ち、リベンジへ向けて始動した。その際、新しいキャプテンに任命されたのは、設楽啓太であった。

☆何故、啓太はキャプテンに任命されたのか。それは指揮官の、走りでチームを引っ張ってもらいたいという思いと、彼をキャプテンにすることで、彼自身の心身共の、成長を期した思いがあったからだ。

☆僕個人は思う。この設楽新主将を中心に、東洋大学の陸上競技部長距離部門も、大いなる成長と進化を遂げ、ライバルを寄せ付けないほどのパワーと団結力を身に着けてほしい、と。

☆それにしても、設楽兄弟の、あの可愛らしい顔立ちは、ホント、見ていると癒されるなぁ[揺れるハート]これからもがんばるんだよおおおお、ツインズくん!
nice!(0)  トラックバック(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。