So-net無料ブログ作成

2013-12-07 [独白]

@箱根駅伝まで1箇月をすでに切っている。…各校のチームとも、勝利の栄光をめざし、日々練習に余念がないようだが…その駅伝というものを含めた、学生スポーツの、ひとつの"効能"について考えてみよう。

@春・夏の高校野球と同じく、学生ランナーたちが走力を競い合い、母校の誇りとチームの友情と絆が込められた襷を渡していく、箱根など一連の大学駅伝レースというものは、大学の研究機関における"ガラパゴス化" 、学生の学力向上や教養深化の機会を奪う「新卒一括採用制」なる悪法が齎してきた問題、学生の資質低下など、数多の大学組織が抱える諸問題を、私たちが喜び、感動する一番美しい形で覆い隠しているように思える。

@…などと、こんな風に考えてしまうのは、学生駅伝ファン多しと言えども、私一人くらいなのかもしれない。

@いや、大学駅伝だけではない。すべての学生スポーツが、上に書いた大学組織の抱えている諸問題に、私たちが目を向けさせない為の「ベール」的な役目をしているのではないか。

@そしてそれが、学生スポーツの「効能」のひとつなのではないか。それも、「負の」…。

@なんて考えていたって、その覆い隠しも一時(いっとき)だと思うゆえ、私たち学生駅伝ファンは、毎回のように箱根などの大学駅伝レースを観て、お目当ての大学チームに全力の応援をささげるのであるが。

@兎にも角にも、駅伝レースの華、箱根駅伝のスタートの日は、徐々に近づいてくる…。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。