So-net無料ブログ作成

2012-04-07 [独白]

★政界のゴタゴタが続く中、連立与党を組む国民新党の四分五裂が報じられる。亀井静香と幹事長・亀井亜紀子が事実上罷免され、あとの6人が連立に残るという…だいたいこういうことなのだろう。その中で大飯原発の再稼動問題に早くもメドがつき、消費税法案も何とか決まると言う…

★復興や社会保障の問題など、肝心なことは二の次三の次で、つまらない「政局」がらみでバタバタしているうちに、我々の意を汲まない法案が何時の間にか決まってしまう。

★そのうえ、庶民の苦しみを他所に、地方政党を率いるリーダーたちが、なにやら『政界再編』とかなんとかいうトレンドに乗っかってか、ゴソゴソ動き始めている。

★一体、国民の嘆きや苦しみを聞かないで、何故これだけ、政治屋たちが動くのか?長年分からなかったが、よく考えると、やはりそうか…なる結論に達した。

★つまりみんな、与党も地方政党も、とどのつまり、「票目当て」で動いている、というわけだ。


★原発反対、とか、消費税反対、とかいうと国民に受けがよく、よって選挙のときの票も沢山集めやすいから、国民の受けのいいことを言って、票集めの為に動くのだ。原発とか復興とか言うのは、そういう自分たちのセコイ目的をカムフラージュするための、都合よき「口実」なのだ。

★本当に国難ととらえ、国民の為に動く政党ならば、原発や復興を、自分たちの本当の目的を隠す為に使わない。あくまでも、原発セーブなら、原発セーブを、復興なら復興に取り組み、国民の為に本当に動くものだ。


★そしてそれは、ホトンドいないか、いても一つしかない。それはおそらくは、むかしから「宗教政党」と後ろ指を指されつづけた、あの政党だろうと思われる。
nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。